美容整形外科クリニックにおいて、女性だけでなく男性にもとても人気が高い施術内容のひとつに、脂肪吸引があります。
運動をしてもなかなか落ちない、どうしても身体のあちこちについてしまう、気になる皮下脂肪を吸い取ってもらえる脂肪吸引は、とても魅力的な施術です。
近年、脂肪吸引の中でも、ベイザーと呼ばれる方法を採用している美容外科が増加してき
ています。

ベイザー脂肪吸引のベイザー(VASERR)とは「Vibration Amplification of Sound Energy at Resonance」の頭文字を取って付けられた造語です。直訳をすると、共振をすることによって、超音波がもたらす振動の力をもっと大きくするはたらきがあるもの、という意味になります。

ベイザー脂肪吸引は、ベイザー波といわれる、脂肪細胞を溶かすといわれている特殊な超音波装置を用いることによって、多くの脂肪を吸引することができます。そのため、これまで行われてきた脂肪吸引をより、効率的に行うことができるようになりました。また、施術自体の時間が短くて済むため、施術を行った後に発生をしてしまう内出血などの腫れや、痛みなどのダメージが少なくすむことができるために、これまでの脂肪吸引よりも、短い期間ですむなどメリットが多くあるため、数々の美容外科で取り入れられているのです。

脂肪除去率は90パーセントともいわれており、これまでの脂肪吸引では50パーセントや70パーセントで、どうしても痛みが伴い、ダウンタイムの期間も長かった施術が多かったことから、ベイザー脂肪吸引に注目が集まっています。ここでは、ベイザー脂肪吸引についてご紹介いたします。

ベイザー脂肪吸引とは